banner

いろいろな眼の状態い

眼が悪い人の状態は、3つに分かれます。
一般的に近視、遠視、乱視のどれかの症状に分けられます。
これらは、眼の屈折異常で、眼の病気の一つです。
正常な眼の状態のことを正視といいます。
正常な眼の場合、眼に光がはいってくると角膜を通って、水晶体を通って網膜まで届き、網膜に像が結ばれて、私たちの目に映ります。 
近くを見る時は、水晶体が厚くなって、結ばれる像が調整されています。

近視というのは、ものを見るときに水晶体の調節が働かなくなった状態のことをいいます。
言い換えますと、屈折が強すぎる眼です。
近視になる原因について、屈折性近視と軸性近視に分けられます。屈折性近視の場合、角膜の膨らみが大きいか、水晶体の屈折力が強いかのどちらかです。
そのため、眼に入ってきた光は、網膜よりも手前で、光が結ばれてしまいます。
いわゆる、焦点が網膜よりも手前で結ばれるために網膜に届いた光は、あちこち拡散するので、眼に見える像がぼやけて見えます。
屈折性近視が仮性近視と呼ばれるものです。
角膜のふくらみが強い場合いは、乱視を伴うことが多いです。
真性近視の場合、眼軸が長いので、正常な眼と同じように光は屈折しますが、結局、網膜よりも手前で光が結ばれてしまうために、焦点がずれてしまいます。
そのために、遠くの景色がぼやけて見えます。
のびた眼軸は戻らないのです。
軸性近視の場合は、遺伝的要素が強といわれています。
遠視は近視とは逆に、目の中に入ってきた光の屈折率が弱すぎるので、網膜よりも後ろで焦点が結ばれてしまいます。
言い換えますと、屈折率が弱すぎる目ということです。遠くのほうは良く見えて、近くはピントがはずれてよく見えないということになります。
乱視には、いくつか種類があります。
直乱視、倒乱視、正乱視と不正乱視です。
乱視は、角膜と水晶体のゆがみによって起こります。
直乱視は、ラグビーボールを横にした眼の形です。
一番多い乱視が、このタイプです。
問う乱視はその逆で、ラグビーボールを縦にした目の形です。
を乱視の矯正には、特殊な円形レンズが使われます。
正乱視の場合、円形レンズで矯正することができますが、不正乱視の場合は、円形レンズを使っても矯正することができません。

屈折異常は、めがねやコンタクトレンズで矯正することができます。
ですので、日常の生活に支障をきたすことなく、視力を維持している人がほとんどです。
でも、めがねもコンタクトレンズも24時間ずっと、つけていられるわけではありません。
だから、面倒に感じることが多々あります。
特に、スポーツをする人にとっては、わずらわしいものです。
コンタクトレンズは、外し忘れると、角膜を傷つけてしまうので気になります。
めがねやコンタクトをつけずにすむ生活を送りたいのなら、レーシックという治療もあります。

Copyright(c) 2011 視力回復サイト. All Rights Reserved.