banner

レーシック初診検査

レーシック手術を受けると決まると、クリニックで初診検査が始まります。
レーシックの初診検査では、いろいろな眼の検査が行われます。現在の視力数値、近視の状況、手術後の副作用など、合併症、手術の手順ばかりではなく、手術の後に起こりえるようなトラブル、トラブルが起こったときの対処方法などについて、事細かに詳しく説明してくれます。
初診がすむと、今度は専門医による診察が始まります。切除する角膜の量、その人に最適な手術方法や使用する機材の説明など、ここでも詳しい手術の説明を受けます。

角膜屈折度検査(角膜屈折値の測定、角膜径、瞳孔径の測定、瞳孔間距離、角膜曲率半径などの検査)
角膜の屈折率を量る検査です。
眼の近視、乱視、遠視などがどの程度あるのか調べます。
また、角膜のカーブ状態も、この検査で調べます、角膜のカーブと乱視の程度はオートケラトメータで測定します。

角膜内皮細胞撮影
スレキュラーマイクロスコープという機材を使って、角膜の細胞の数や配列・角膜の厚さを測定します。

眼圧検査
ノンコンタクトトノメーターという機材によって、眼の硬さを測定します。
空気を吹き付けて、測定します。
そうすると、角膜に触れずに眼圧を測ることができます。
左右両眼をフルオート測定することができる眼圧計です。短時間で検査を終わらせることができるので、検査を受ける人の負担を最小限にすることができます。

スリットスキャン式角膜形状解析
角膜の前後面の形状の表示、角膜厚の分布に関しての情報を検出することができます。

コントラストグレアテスト
コントラストグレアテスターという機材で、角膜屈折矯正手術のあと、経過観察中、視機能の低下で、コントラストとグレアー感度を検査することができます。

波面収差検査
ウェーブフロントアナライザーという機械を使って、レンズでは矯正することができない微妙な目のゆがみを検出することができます。 その他

初診にかかる時間は、2・3時間はかかります。
けっこう検査の数が多い上、質疑応答があると、もっとかかります。
視力回復手術は、裸眼で、1,0~2,0まで回復することができるという、とてもメリットが大きい手術です。
レーシックは、人の手によって行われる手術ですし、術後の患者さんの管理や生活環境によって、満足のいく手術ができたのかが変わってくるので、100%満足がいく手術を受けることができたのかという結果を得ることができるのかは一概に言えません。
手術前の検査では、医師によって診断がなされるわけですが、診断が終わった後で、レーシック手術の副作用や、合併症について、実際に起きたことを交えながら説明してくれます。
質疑にも丁寧に答えてくれますから、手術を受ける前に確認しておきましょう。                                                                                 

Copyright(c) 2011 視力回復サイト. All Rights Reserved.