banner

レーシックの手術方法

レーシックは、近視の矯正手術です。
レーシック手術には、いくつか方法があります。
それぞれの手術の特徴をふまえて、医師から、良く説明を受けることが大事です。
医師の経験と技術を踏まえて、自分にあった、手術方法を選ぶことが大事です。

ケラトーム (基本的なレーシック手術)
一番オーソドックスな方法で、マイクロケラト-ムという機器を使います。
まず、点眼麻酔薬で、麻酔を行ってから、ケラトームでの保護層をはがして、フラップを作ります。
そして、角膜にレーザーをあて角膜の形に調整を行ってから、フラップを元に戻します。

イントラレーシック
今、一番良く行われている方法。マイクロケラトームを使わず、レーザーを使って、保護層をはがして、フラップを作ります。
ケラトームで作られるフラップの形は、異なります。
手術した後も定着しやすく、安全性が高いというのが特徴です。

ウェーブフロントレーシック
手術を行う前の検査が細かく、より細かい目の状態が把握されるので。普通のレーシック手術よりも、さらに、はっきりと見えることが特徴です。

カスタムビュー
レーシック手術の追加オプションのようなものです。その人ひとりひとりに合った手術方法が行われます。

エピレーシック
角膜が薄い人用のレーシック手術です。後遺症が出やすく、そのため、かなり経験豊かな医師を選ぶ必要があります。
手術が終わっても、目の保護用にコンタクトレンズをつける必要があります。

ラセック
ほかのレーシック手術とは、異なります。
目の保護層を切り取らない手術方法です。
フラップが非常に薄く、角膜が薄い人でも、手術を受けることができます。

レーシック手術は、基本的に、全額自己負担ですが、民間の保険会社では、費用がおりるとこがあります。
手術費用は、安くて10万円、高くて50万円です。また、クリニックによっては期間限定で格安になるところがあるようです。
紹介制度とかあって、割引になったり、キャッシュバックなどもあるようです。
世界の中でも、日本はレーシック手術は、かなり安いです。
手術費用が安いクリニックは、患者数も多く、主術も値段に見合ったものになります。
たいがいのクリニックでは、普通のレーシック手術とその他の手術と組み合わせて、行っているので、勧誘の問題が起きることがあります。
ネット上で安いレーシック手術は、たいていは、基本的な手術で、実際クリニックに行ってみると、カウンセリングなどで、割高な手術を勧められることがあります。
ラレーシックやエピレーシックなど、手術を受ける人がそのレーシック手術があっていればいいのです。
別に高い手術を受ける必要がないのに、強く勧められる場合は、ほかのクリニックのカウンセリングを受けたほうが良いでしょう。

Copyright(c) 2011 視力回復サイト. All Rights Reserved.